排水処理の不安を解消 安心安全を心がけています

排水処理を生業としている業者は専門知識を有する会社として、事業をおこなうには条例に従い登録を受ける必要があります。
登録には点検業者として以下の要件を満たすことが必要で、まず点検をおこなう地域に営業所を有し浄化槽管理士を置くことです。営業所には点検で必要な器具を揃えることとされており、器具にはマンホールの開閉具や処理水の透明度を測定する透視度計、溶存酸素や水素イオン濃度を測定する器具などがあります。
登録内容に虚偽の記載や条例に定めてある拒否内容に、該当する申請者である場合は登録はできません。登録には三年間の有効期限があり、事業者は有効期限の満了の日までに更新申請をおこなう必要があります。
浄化槽には適正な管理運用がされているかを確認するために、法定検査が義務付けられており、受検し適合していることを証明しなければなりません。

排水処理は24時間対応できる体制が必要です

排水処理をおこなう事業者と委託契約を結ぶことで、専門知識を有する者が適正に管理している浄化槽ということになり、法定検査をおこなう機関はそれだけで安心安全と認識することができます。
管理する者は排水処理が何らかの原因で適切におこなえない場合や、臭気の異常や機器の故障等が起った場合、速やかに対処することができます。また、規模の大きな排水処理施設では機器設備が故障して、適切な排水処理がおこなえない場合などに緊急通報システムが作動して、管理する者は24時間対応することができます。
一般家庭に設置してある浄化槽は夜間の処理水量はほぼ有りませんが、規模の大きな浄化槽または排水処理施設では常時処理をおこなう必要があり、無人の施設である場合も多いので24時間の管理体制が整っています。

法定検査を実施することで管理状況を確認します

浄化槽を設置して排水処理を開始した場合に義務付けられている法定検査と、定期的におこなっている点検管理はちがうものです。
点検管理は日常的な排水の処理が、適正におこなわれるように機器などを調整することであり、機器の保守や清掃時期を見極めることも含まれます。
法定検査は定期的におこなわれている点検管理で、適切に浄化槽が機能を発揮しているかを確認するためのもので、受検しない場合は罰則があります。
法定検査でおこなわれる内容は、浄化槽の設置状況や排水の流れ、臭気の有無、消毒の状態などの外観検査、水素イオン濃度や透視度、生物化学的酸素要求量といった水質検査を実施します。書類検査は浄化槽の定期的な点検管理状況の確認のために、点検や清掃の記録を参考にしておこないます。